横濱コーポレーション株式会社
10:00~19:00
火曜日・水曜日
2020年04月14日
スタッフブログ

コロナウイルスが不動産管理業界直撃

こんにちは。

横濱コーポレーション賃貸管理部の清野です。

 

中国で発生した新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、

弊社でも今週から出勤日数を減らした在宅ワークの導入となりました。

 

突然の在宅ワークに伴い、早急に準備をして在宅で作業できる環境を整えるとともに、

在宅と社内で出来る業務の仕分けを行いスタート致しました。

不要不急の外出を控えることでみんなが時間を持て余している???

政府の非常事態宣言に伴い不要不急の外出を控えるようになり、在宅時間が非常に増えて

おります。

安倍総理の非常事態宣言後の賃貸業界を取り巻く環境はどのように変化したのでしょう

か?

 

まずは空室物件についてですが、弊社でお取引をしている仲介会社数十社にヒアリングを

行いましたが、当然のごとく部屋探しのお客様減っているとのことです。

 

当然ですよね。。

今はどこの会社も営業数字が減少しており、会社が存続できるか、出勤日数が減って給料

が減るか、などなど、引越しどころではない方がほとんどだと思われます。

 

しかし!!!

 

不要不急の外出を控えることで、時間を持て余している方が多いことから物件の問い合わ

せは非常に増えているのです!!!

 

コロナウイルスでお客様は減っているのは事実だが、部屋探しをしているお客様は実際にいる

コロナウイルス感染拡大に伴い外出が出来ないため時間を持て余している方や部屋探しを

しなければいけないお客様はインターネットのサイトにアクセスして部屋探しをするので

問合せ数が増えているのです。

 

よく年末年始が1年で一番部屋探しの方がアクセスすると言われておりますが、まさにそ

れと一緒です。

 

弊社ではコロナウイルス感染拡大している状況でも、空室物件をいち早く成約できるよう

にインターネットの掲載、仲介会社への募集依頼など、今だからこそやらなければいけな

いことを愚直に行い募集活動に専念しております。

 

通常時でないからこそやる会社・やらない会社の差がハッキリ出る環境ですので、

1日も早く空室を埋められるように募集活動に尽力していきます。

arrow_upward