横濱コーポレーション株式会社
10:00~19:00
火曜日・水曜日
2020年10月26日
スタッフブログ

令和2年10月の融資情勢

横濱コーポレーション売買営業部部長の仁科です。

関東圏の1棟収益に対する不動産融資に関しては物件評価が厳しくなってきた印象を受けており、頭金割合がいままでより多く求められてくるケースが多くなりました。

とはいえ年収3000万円以上の方は現在を1%以下の金利で100%融資を受けられることも多く、コロナ禍でもどんどん物件を買い増しております。

 

10月の金融機関の変化をまとめてみました。

 

□横浜銀行

10月の実行金利は5年固定で1.4%

劣化等級2級以上で最大35年可能

相変わらず積算評価でしか見ないため共同担保物件がないと新築の場合は5割融資以上はほぼ難しい。

 

□東日本銀行

新宿窓口のソリューション事業部が発足。

まだ実績がないのでなんとも言えないがオリックス銀行以上千葉銀行以下のお客様をターゲットにしているとのこと。

既存借入があっても収支が回っていれば問題ないとのことなので、主に2棟目以降での利用になりそう。

頭金は1.5割~2割は必須、30年、金利2%以下

 

□千葉銀行

年収2000万円以上、金融資産3000万円以上でテーブルに。

金利1%以下、フルローン、30年可能

審査厳格化しており融資実行までの時間はかなりかかります。

千葉県内、都内都心、川崎、横浜なら融資可能

担当支店によりスタイルがバラバラなので、打診の際はご注意を!!

 

□静岡銀行

固定金利30年での借入には注意を。売却できません。

 

□トラスト&ローン・ファイナンス

頭金2割が3割要求に。

借入が4億以上あると別稟議が必要で融資難しいとのこと。

評価の出し方が厳しくなっています。

 

□川崎信用金庫

サラリーマンに対しても信用金庫のなかでは不動産投資にかなり積極的で協力的です。

エリアが狭いので、取り組める方は積極的に利用をお勧めです。

頭金2割、金利2%、期間25年、2棟目、3棟目とおかわりが可能。

 

現在融資打診には1ヶ月はかかります。

いい物件がでても融資打診中に他所で成約してしまい、購入できなかったという方も多くみられますので、融資打診に必要なご自身の資料などは常にご準備されておく事をお勧めします。

 

弊社では様々な金融機関との実績がございますので、融資が引き締まってきている中でも一人ひとりの資金計画に沿った金融機関の斡旋が可能ですので、お困りの際はお気軽にご相談ください。

 

〒220-8138
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1横浜ランドマークタワー38F 
売買TEL:045-211-6101 
賃貸TEL:045-211-9440 
F A X:045-211-9122  
HP:https://yokohamacorp.jp/

☆弊社代表出演:投資家はなぜ新築アパートを買うのか☆

URL:https://youtu.be/YliIkekXGfM


私たちは三光ソフラングループです→http://www.sanko-soflan-hd.com/

 

arrow_upward